大後悔見本市

~きっと今日も黒歴史~

今日の死に大賞

自分はとてもネガティブな性格をしている。

 

というよりは変に歪んでいるので、ポジティブ感を出しつつネガティブになる。

 

極限まで気分が落ち込んでいる時以外は、変なことをやって心の均衡を保とうとしているからだろう。

 

僕はこれを「ポガティブ」または「前向きな後ろ向き」と呼んでいる。

 

先日、とても落ち込んで死にたくなった事があった。本当の意味で死にたい訳ではなく、どこかに消え去ってしまいたい気持ちが行き場を失い、そういった感情になった。

 

結論から言うと、クレジットカードの支払いが出来なくなったのだ。

 

いつもなら払える金額だった。

それなのに今回は何故か事前に請求金額を確認しておらず、足りない金額を別の口座から入れてなかった。

 

その結果、引き落としが行われてなくクレジットカードを止められていた。さらにそれに全く気付かず、「おっ、今月結構、残高あるな。使お。」と思ってしまった。

 

これが運の尽き。

 

カード会社からの通知が来て青ざめた。

残高が支払える額なかった。

 

慌てて身の回りの物を売ったがギリギリ足りず、結局親に泣きついた。

 

前日に帰省して、帰り際に親からお小遣いを貰い「無駄遣いしないように」と言われた直後だった。

いきなり無駄遣いになった。

 

「あぁぁぁぁー、死にてぇーー」

「まじで生きてる価値がねぇぇぇ」

「迷惑かけてごめんなさいぃぃぃぃ」

「来世は石油王に生んでくれぇぇぇぇ」

「うわぁぁぁぁぁぁぁヒモになりてぇぇぇ」

「死にてぇぇえ。殺してくれぇぇぇぇ」

「コジマ先生の次回作にご期待くださいいいいいいい」

 

と一日中思った。

みっともなくのたうち回った。

スパッと切り替えることが出来ない人間なので、たぶん一週間以上同じ状態が続いた。

 

普段なら、親からお金をもらっても「あざす」としか感じないクソ野郎なのだが、今回はとにかく申し訳なかった。

 

たぶん、前日に貰った親からの厚意を無駄にしたのと、カード引き落としを舐めていた自分の甘さ。それらが重なり合ってとにかく自分が情けなかった。

ただただ情けなかった。

自分という存在がどれだけ弱者なのか思い知った。

 

ただポガティブは同時に前向きな事も考える。

起きた事は変えられない。

次に生かすしかないのだ。

 

とてつもなくクソ野郎な発想だなと思ったが、そんな自分への戒めも込め、表彰する事にした。 明日を生きる活力へと変えるために。

 

今日の死に大賞「金賞」を授与。

 

 

このマンガがすごい!が発表する前に、読んでほしいこのマンガがすごい!

こんにちはこんばんは。

コジマでござる。

 

先日、東京に遊びに行った時に、ふらっと寄った本屋で買ったマンガがめちゃんこ面白かったので紹介するでござる。

 

それが、

 

 

f:id:ikojima1983:20171002221100j:image

 

碧いホルスの瞳

 

 でござる。

 

あっ、もうこの語尾辛いからやめよ。

 

いやー、ほんとに久しぶりにこんなビビっときましたよ。

 

どんな話かと言うと、

運命を切りひらき、少女は偉大な王となる――。

現代から約3500年前、古代エジプト
男性が王座につくことが当たり前だった時代に、
女ファラオとして国を治めたハトシェプストという人物がいた。
“男装の女王"と謳われるほど、強く気高く生きた彼女の激動の生涯、その幕が、いま上がる!
新鋭・犬童千絵が鮮やかに描き出す、古代エジプトの風景とそこに暮らす人々、
そして自ら運命を切りひらいたひとりの女性。
漫画誌ハルタで連載中のヒストリカル・ロマン、待望の第1巻!

Amazonより抜粋

 

すごいざっくり言うと、古代エジプトでは、王位継承は女性にあるものの、女性はファラオ(皇帝)になる事ができなかった。

クレオパトラより前に、歴史上初めての女性ファラオになったハトシェプストという人物の生涯の話です。

 

なんか、一昨年辺りから、真田丸、キングダムと歴史系にハマっているので、もうズドンと来ました。

 

今現在(2017/10/02)は、3巻まで出てます。

1巻では主人公のシェプストとセティ(ファラオ)の結婚から始まり、幼少期の話、そして、強くありたいと思うものの女性として生まれてしまった為叶わない苦悩と、それでも我が道を行こうとする強い決意と覚悟が描かれてます。

 

そして、2巻・3巻では実際に行動を起こすも、そりゃすんなりいくはずもなく、めっちゃくちゃ苦戦する様子が書かれています。かなり可哀想のレベルで。

 

試し読み冊子読んで、気づいたら3巻買ってました。東京旅行中だったのに。まだ長距離移動あるのに。

 

なんでそんなハマったのか、自分なりに考えてみましたが、まずテーマがよかった!

丁度、この前キングダムを読み終えたところで、他の歴史も知りたいと疼いていたところで、この出会い。タイミング的に最高だった。

 さらに遊戯王が大好きだった自分は古代エジプトというだけで惹かれてしまった。

千年パズルは出てきませんが、ファラオはそれっぽいものを身につけてます。

 

あと、あのセトさんも出てきますが、緑髪だったり、社長だったり、ツダケン感はせず、めちゃくちゃ狡いおじさんです。

f:id:ikojima1983:20171002224922p:image

読んでるとわかるんですが、社長の方のセトさんに引けを取らないすごい偉い立場なのに、権力使って自身の神殿にほぼ裸の女性達を集め、吐くまで飲んだり、SOXしたりとウェーイ大学生みたいな事やってます。尚且つ、いやらしい邪魔の仕方をしてくるんでめっちゃムカつくんですよね。ほんとウェーイ大学生滅びろ。

 

...脱線しましたが、さらになんと言ってもこの作品、絵がすごく綺麗。

f:id:ikojima1983:20171002225916j:image

 中央のすごいエロ..じゃなくて偉そうなのがハトシェプスト。まぁ実際、王族だから偉いんだけど。

 

この扉絵を見てもらえば分かる通り、髪の一本一本や装飾の一個一個が丁寧に書かれています。

背景や鳥の羽毛の感じも細かく書かれていて、クオリティの高さが伺えます。

本の装丁から綺麗で、ジャケ買いしたのも8割ぐらいある。

 

ただ、それに負けない中身があったからこそ読んでいて興奮しました。

感じとしてはキングダムが近いかなと思ったんですが、武力で成り上がっていく話ではないので違うかなぁーと納得のいく説明が出ない(ブログとして終わってる)そんな感じです。

まだ3巻までしか出ていないので、全体的な輪郭は見えてなくてしょうがないのかなとも思ってます。ただ、3巻の最後でいよいよ始動感が出てきました。次が気になるーー。

 

それに、ハトシェプストという女性の明るくまっすぐな性格がとてもいい。ついでにめちゃくちゃ美女という付加価値。プライスレス。

結婚するならこういう人にしたい。というかお願いします。

 

まぁ、とにかく、

 

まずは読んでみるがよし!!

 

ComicWalkerで1話が読めるゾラ!!

碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語- 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

 

早く新巻でないかなぁー。

 

おまけのアヌビスさんもおもしろいよ。

では、

【短編小説】終わり始まり

いつからだろう。

自分は大丈夫だと思っていた。

 

父や祖父の様にはならない。

それだけの用意はしてきた。

そう思っていた。

 

それなのになぜだ。

自分で自分を責め始める。

 

もしかすると、その安心感こそがこの綻びを生んでしまったのかもしれない。

 

過去に飛べるなら、18歳くらいの自分に会いに行き、今の姿を見せ、真実を語り、未来で緩やかに終末が始まっている事を伝えなくてはならない。

 

ドラゴンボールで過去から来たトランクスが、セルの侵略を防ぎ、未来を変えたのと同じように自分の手で未来を変えるしかないのだ。

 

それほどまでに静かに終わりは始まったのだ。

 

2017年。

それは侵略というにはあまりに遅く、進撃というほど唐突ではなく、緩やかに始まった。

 

そうまさに「侵食」であった。

徐々に蝕まれていったのだ。

 

予兆はあった。

故にできるだけの対策は取ってきた。

 

それでも効果はなかった。

いや、あったのかもしれない。

しかし、それ以上にヤツらの手腕が上だったのだ。

 

自分だけではない、今まで多くの人がこの事に気づき、抗ってきた。それでも勝てなかった。

 

それほどまでに、ヤツらは手強いのだ。

 

人類にとって最大の敵とも呼べるヤツらにあえて名前をつけるならば

 

そう....

 

 

「ハゲの遺伝子」

 

そう呼ぶ事にしよう。

 

 

朝起きて、鏡を見て絶望した。

そこにかつての自分はいなかった。

 

久しぶりに鏡を見たわけではない。

毎朝、ヒゲを剃る度に見ている。

 

それでも昨日までこんな感じではなかったはずだ。ちょっと少ないなと思うくらいだった。

 

しかし、今回は違った。

 

前髪はベジータのようにキレイなM字になっており、髪の隙間隙間からは地肌だと思える肌色が見え隠れしている。

 

髪を切ったせいだろうか。

いや、しかし髪を切りに行ったのは3ヶ月も前だ。あの時には短い程度で薄い事は気にならなかった。そういえば、そこから髪型も変わっていない事に気づいた。

 

もともと髪の量は多い方ではなかった。

父親も両親の祖父もハゲていたが、それでも学生時代はロン毛にしていたほどで、こんな事になるとは思っていなかった。

 

どこからこんな事になったのか。

人はなぜハゲる必要があるのか。

 

そんな事を考えるうちに、一つの結論へと達した。

 

毛根強い人を駆逐しよう。

まさにハゲのディストピアの始まりである。

  

 

 

固定概念の崩壊

こんにちは。

久しぶりの投稿のコジマです。

 

最近、自分の中で固定概念が崩壊している。

 

きっと最近、自己啓発本を多く読んでいるからなのだが、それは一旦忘れて、名古屋に住んでいるのが影響しているのではないかと思っている。

 

名古屋は固定概念融解都市である。

 

例えば、名古屋で代表的な「モーニング文化」。

実は意外と知られていないが、場所によって一日中頼める。

 

そもそも朝を意味する言葉のモーニング。昼に頼めたらそれはアフタヌーンであり、夜ならイブニングである。それなのに、一日を通してモーニングなのだ。これに対して異論を唱えている名古屋の人間を見たことがない。

 

見事な固定概念破壊の例である。

 

他にも、名古屋で有名な台湾ラーメンや台湾まぜそば。台湾にはない。

 

イタリアで日本パエリアというものが売られているような事である。そんなものはない。

 

そう名古屋で勝手にでき、勝手に人気になった文化なのだ。しかも、名古屋にはこの台湾○○がめちゃくちゃいっぱいある。台湾の歴史を上書きするレベルで。

 

日本で作って、台湾と言っちゃいけないと誰が決めたのか。そんな事を思わせるいい例である。

 

中でも、最近最も固定概念を打ち砕かれたものが、名古屋の荒畑にある「十夢」というラーメン屋のイタリアン風ラーメンである。

f:id:ikojima1983:20170924211541j:image

 写真は1番人気のトマトまぜメン。

行く前に食べた人のレビューを検索してみると、「まるでスパゲティ」と書かれていた。

 

それもうスパゲティじゃね??

 

そもそもが中華の代表だったはずのラーメンが、イタリアン風になっている。ラーメンってなんだろうと考えたが、もうその考え自体が概念に囚われていたのだ。

ラーメンの麺を使っていればラーメンだし、スパゲティを使っていればスパゲティなのだ。

 

ただすごく美味しかったので、食べに行ってみるといい。いや行くべき。

 

 

要は今回何が言いたいのかと言うと、自分達が当たり前だと思っていた事は「固定概念」で、実は変えることが出来るんじゃないかって事。

 

何かの本で読んだのだが、「人類の進化を止めているのは固定概念で、まずこれを疑う所から始める」とあった。

 

そうまさに名古屋がそうであったように、概念に囚われずにやってみようという事。

 

そこで考えてもらいたいのが、「女湯」

もう一度言います。「女湯」です。

みんな概念に縛られてない??

いや絶対縛られてます。

 

僕は男なので、残念な事に女湯に入れません。

まさにここ。

男が女湯に入っちゃいけないと誰が決めたのでしょう。気になって調べたのですが、法律で決まっているわけではなく、各自治体で何歳まで入れるときめているようです。

 

つまり、これも固定概念な訳です。

 

いいですか。

男が女湯に入れないのは、風紀を乱すという先入観もとい固定概念があるのがいけないのです。そんな訳ないじゃないですか。

 

そもそも温泉とは、体を癒すため、包み隠さず腹を割って話す場として来ているであって、そこに御託はいらない訳ですよ。もっと冷静になるべきです。

 

下心とか言うものは、男も女も平等にあるものであって、男だけというのも、固定概念だし、江戸時代には浴場は男女一緒だったので、昔からそうだったので当たり前というのも、固定概念を通り越して、考えてない。

 

女湯に男がいると風紀が乱れるという意見は、時代の影響で共学になる元女子校の女性教員が「男がいると風紀が乱れる」とワガママ言っているのと同じ訳です。

 

可哀想な事に、男はいやらしいという固定概念に囚われてしまっているのです。

 

いいですか。

人類を進化させるためには、僕らは概念に囚われててはいけないのです。

 

もう一度、温泉のあり方について考えて見ましょう。昔からの固定概念は今どんどん崩れていっているのです。

 

とりあえず、僕は今から温泉に行ってきます。

 

それでは。

 

文字そば

こんにちは。コジマです。

今回は、オモコロで新しく始まった文字そばという連載が個人的に好きってだけの話です。

 

続きを読む

なぜベストを尽くさないのか

こんにちはどうも。

コジマです。

 

今から10年以上昔、

 

TRICKというドラマがあった事をご存知だろうか。

 

今調べてみたら、初回放送が2000年なので17年前。

 

最近、自分の中で昔の懐かしいものを見るブームが来ていて、

深夜にAbemaTVで再放送していたのもあってTRICKを久々に見た。

 

続きを読む