大後悔見本市

~きっと今日も黒歴史~

このマンガがすごい!が発表する前に、読んでほしいこのマンガがすごい!

こんにちはこんばんは。

コジマでござる。

 

先日、東京に遊びに行った時に、ふらっと寄った本屋で買ったマンガがめちゃんこ面白かったので紹介するでござる。

 

それが、

 

 

f:id:ikojima1983:20171002221100j:image

 

碧いホルスの瞳

 

 でござる。

 

あっ、もうこの語尾辛いからやめよ。

 

いやー、ほんとに久しぶりにこんなビビっときましたよ。

 

どんな話かと言うと、

運命を切りひらき、少女は偉大な王となる――。

現代から約3500年前、古代エジプト
男性が王座につくことが当たり前だった時代に、
女ファラオとして国を治めたハトシェプストという人物がいた。
“男装の女王"と謳われるほど、強く気高く生きた彼女の激動の生涯、その幕が、いま上がる!
新鋭・犬童千絵が鮮やかに描き出す、古代エジプトの風景とそこに暮らす人々、
そして自ら運命を切りひらいたひとりの女性。
漫画誌ハルタで連載中のヒストリカル・ロマン、待望の第1巻!

Amazonより抜粋

 

すごいざっくり言うと、古代エジプトでは、王位継承は女性にあるものの、女性はファラオ(皇帝)になる事ができなかった。

クレオパトラより前に、歴史上初めての女性ファラオになったハトシェプストという人物の生涯の話です。

 

なんか、一昨年辺りから、真田丸、キングダムと歴史系にハマっているので、もうズドンと来ました。

 

今現在(2017/10/02)は、3巻まで出てます。

1巻では主人公のシェプストとセティ(ファラオ)の結婚から始まり、幼少期の話、そして、強くありたいと思うものの女性として生まれてしまった為叶わない苦悩と、それでも我が道を行こうとする強い決意と覚悟が描かれてます。

 

そして、2巻・3巻では実際に行動を起こすも、そりゃすんなりいくはずもなく、めっちゃくちゃ苦戦する様子が書かれています。かなり可哀想のレベルで。

 

試し読み冊子読んで、気づいたら3巻買ってました。東京旅行中だったのに。まだ長距離移動あるのに。

 

なんでそんなハマったのか、自分なりに考えてみましたが、まずテーマがよかった!

丁度、この前キングダムを読み終えたところで、他の歴史も知りたいと疼いていたところで、この出会い。タイミング的に最高だった。

 さらに遊戯王が大好きだった自分は古代エジプトというだけで惹かれてしまった。

千年パズルは出てきませんが、ファラオはそれっぽいものを身につけてます。

 

あと、あのセトさんも出てきますが、緑髪だったり、社長だったり、ツダケン感はせず、めちゃくちゃ狡いおじさんです。

f:id:ikojima1983:20171002224922p:image

読んでるとわかるんですが、社長の方のセトさんに引けを取らないすごい偉い立場なのに、権力使って自身の神殿にほぼ裸の女性達を集め、吐くまで飲んだり、SOXしたりとウェーイ大学生みたいな事やってます。尚且つ、いやらしい邪魔の仕方をしてくるんでめっちゃムカつくんですよね。ほんとウェーイ大学生滅びろ。

 

...脱線しましたが、さらになんと言ってもこの作品、絵がすごく綺麗。

f:id:ikojima1983:20171002225916j:image

 中央のすごいエロ..じゃなくて偉そうなのがハトシェプスト。まぁ実際、王族だから偉いんだけど。

 

この扉絵を見てもらえば分かる通り、髪の一本一本や装飾の一個一個が丁寧に書かれています。

背景や鳥の羽毛の感じも細かく書かれていて、クオリティの高さが伺えます。

本の装丁から綺麗で、ジャケ買いしたのも8割ぐらいある。

 

ただ、それに負けない中身があったからこそ読んでいて興奮しました。

感じとしてはキングダムが近いかなと思ったんですが、武力で成り上がっていく話ではないので違うかなぁーと納得のいく説明が出ない(ブログとして終わってる)そんな感じです。

まだ3巻までしか出ていないので、全体的な輪郭は見えてなくてしょうがないのかなとも思ってます。ただ、3巻の最後でいよいよ始動感が出てきました。次が気になるーー。

 

それに、ハトシェプストという女性の明るくまっすぐな性格がとてもいい。ついでにめちゃくちゃ美女という付加価値。プライスレス。

結婚するならこういう人にしたい。というかお願いします。

 

まぁ、とにかく、

 

まずは読んでみるがよし!!

 

ComicWalkerで1話が読めるゾラ!!

碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語- 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

 

早く新巻でないかなぁー。

 

おまけのアヌビスさんもおもしろいよ。

では、